藤田保健衛生大学(推薦/大学過程履修)体験記

試験自体は過去問と同じような問題。
英語は易しめ→なのに確実性が無い自分\(^o^)/
数学は①~③問構成で①は誰でも解けて、③は高校受験レベルの問題と規則性がわかれば取れる問題。→にもかかわらず、②の数列問題が全く分からず適当に埋めるボク\(^o^)/
小論文は慶應に比べるとかなり楽ちんな内容。
そして面接、お前だ!

もしも検索してこのページにたどり着いた人がいれば、あくまでも「文系学部卒のちゃらんぽらんな人が面接を受けた感想」という条件付きで参考にしてくれればと思います。
エンジニアからの医学部再受験日記さんのブログ(許可を取っていないのでリンクは張っていませんm(..)m)を読むと、就活と一緒という見解は同じですが、扱いが違った(文系学部卒と理系院卒の違いかな?)ので、あくまでもボクの意見は参考程度に。
ちなみに、藤田に関しては赤本だけでなく、みすずの過去問を買う程、入学に対して意欲を燃やしていました。
ただ、今回の受験を通じて、藤田のみならず、西日本の医学部はすべて受けないことを決定しました\(^o^)/
藤田の推薦を受ける文系学部卒の人がこのブログの読者に何人いるかは分かりませんが、その方々向けに参考までに体験記を載せてます。

面接官4:生徒1

一番最初に話す人が偉い人の模様。偉い人から順番に4人全員が事前に決めて合ったこと&自分のしたい質問をする感じ。学費については2番目の人が聞いてきて、司会進行の要は2番目の人。3番目&4番目の先生は比較的自分のしたい質問を自由にしてきた印象があり、特に3番目の人の圧迫?(質問?)が印象的だった。4番目の人は実家が過疎地なことについて聞いた後に、ビジョンについて聞いてきて、「ビジョンなきビジョン」について発言したらカス認定されました(笑)

雰囲気

就活面接と一緒。一番最悪だった日野自動車よりはマシだったが、マシという単語がでる程の面接でした。会場の雰囲気が話しにくいというものではなく、「自由に話してもいいが、聞かれている内容が答えられない&答えていのかわからないものが多かった。ネットには「普通の面接でも、受ける人によっては圧迫面接」という意見が載っているので、私が就活中に実際に面接まで選考が進んで、その中での好印象な会社とそうでない会社を参考にしてもらえればと思います。(参考にならない?)

面接選考を受けた会社
日本銀行・日本政策投資銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・中央三井信託銀行(現三井住友信託銀行)・野村證券・大和証券SMBC(現大和証券)・日興コーディアル証券IBD(現SMBC日興証券)・東京海上・三井住友海上・ジャフコ・三井物産・三菱電機・三井不動産・東急不動産・JFEスチール・出光興産・野村総合研究所・コニカミノルタ・日野自動車等である。

私が就活面接で好印象だった企業は三井物産・三井不動産・三菱電機・出光興産の4社であり、圧迫を不快に感じた企業は日野自動車のみです。野村證券?そういう会社だから気になるわけないじゃん(笑)いや、日野自動車はいい企業なんだよ。会社内のあの雰囲気は忘れられないけどね。

意外な質問

これは3番目の人が聞いてきたのだが、理科についての素養を聞かれた。「あなたは文系の大学を出ているけど、うちの大学は化学とか物理とか生物についての知識があることを前提に授業を進めるけど、その辺りはどうなの?」その時思ったのが「じゃあ、試験しろよ!」だよ(笑) 大丈夫だと思って来てるわけで、確認する程不安だったら試験科目に出してくれよ。来年からは出すのかな?

4番目の人の「医師になった時のビジョンはあるの?」という質問も引っかかったんだけど、ボク自身は「医師の仕事は医学部に入学してからも、仕事についてからも違う印象を持つ」と思ってるんですよ。前職もそうだったし、今の塾講師もそうなんだけどさ。山中先生はビジョンについて重視してるかもしれないけど、実際にインターンもできない医師の仕事がこういうもんだっていうビジョンがあったら、そっちの方が凄くないか?と思いましたが、面接対策として嘘でも話せるようにします。ありがとう、4番目の面接官。良い面接対策講座です(笑)

以上がボクが藤田の推薦入試を受けた感想なので、まとめてみます。

①筆記試験は英語で満点が取れるので、そこで逃げ切るのがセオリー。
②面接は対策を万全にしよう。その結果、圧迫に感じでも不快にはならないはず。
③推薦は得点開示ができない程の閉鎖的な試験なので、文系出身者には不利かもしれない。
④相当気に入っている大学でも、二度と受験しない程の衝撃な面接会場に潜んでいる(笑)

③に関しては、私とエンジニアからの医学部再受験日記さんとでは文系の学部卒と理系院卒という差があるので、これはあながち間違っていないかと?メルリックスを見ると文系学部卒の方が合格してるから参考までに(笑)まあ、理科ができるという客観的な根拠(物理&化学&生物検定1級とか?)があれば問題ないかと。

④に関してはそのまんま。どうしても藤田に行きたくて、休みをもらって一般も受験しようと思っていた程なのに、今では「不快だったけど現実を教えてくれた大学」程度の認識です(笑)

仕事終わりの夜行バスで入試に向かい、そのまま慣れない電車→バスの乗り継ぎをして、疲労感MAXの状態で試験に臨み、筆記試験が思った以上に取れて喜んでたら、面接で現実を突き付けられたというボクのトホホな受験体験記でした(笑)
今後は一般入試のみを受験するので、ひたすら点数を取って、医師のエッセイなどを読みながら、ビジョンを持った医学生を目指したいです。


医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です