黒部名水マラソン

大会運営はスタート地点のトイレの少なさ以外は圧巻でしたね。
特に、あの気温の中であれだけの給水を用意したのはさすがです。
ただ、水とVAAMがぬるいエイドとそうでないエイドがあったので、そこの改善が必要かな?
特にVAAMがぬるいのはランナーにとっては辛いと思いますね。
まあ、3時間を切れないレベルの選手にとっては大した問題もないので、トップランナーが参加する大会という意味で必要なだけですがね。
4時間以上かかるランナーにとってみたら、あの給水の多さだけで大満足でしょう。

自分自身の走りに関しては良く走った方ですね。
2時間53分台というのは当初の予定よりはだいぶかかりましたが、あの気温の中では良く走った方だと思います。
フラットな5㌔の入りが19’18と速すぎて落としてからは50人以上のランナーに抜かれましたが、結果的にほとんどのランナーを抜き返すことができたしね。
ラップも(19’18,20’30,20’55,20’52,20’27,20’24,20’40,21’14,9’03)だったので、水曜日の20Kで体調を把握した甲斐がありました。
これまでだったら、入りの5Kのままのペースで20㌔過ぎまでいって、後半ズルズルいって2時間59分台とかだったはずなので(笑)

ひとまず、織田の出会いサークルの連中の大半よりはマシば有効期限内の公認記録を出したので、これからもまともなランナーの意見を発していきたいと思います(笑)←まともじゃないとか言わないでねw
今回の黒部でも明らかに㌔4分で走れない白髪ランナーがスタート前列にいて抜く時に危険だったので、少しでもまともなランナーが増えるといいですね。
整列の際に目標タイム順に並ばせるシステムの導入が待たれますね。
ちなみに、公認ハーフの松島マラソンでは広場で目標タイム順に並ばせてから全員を歩いて300Mのスタートラインまで連れて行って観客にさらするので、実力と実力のないランナーは前列に並ぶことができないようになっています。
本当にトップランナーが危険なくスタートできるシステムは重要です。
5時間かかるランナーとか、走ってるペースが転んでも問題ないペースですからね。
3’20/前後で突っ込むランナーの前に4’30/㌔のランナーがいる違和感だけは解消したまま死にたいものです。

6月は6/6が日体の5000M、明星の単位修得試験が6/13にあって、6/28が東進マークで7/4が男鹿駅伝。
完全に個人特定ができますね(笑)
まあ、気にせずに結果をさらしていきます\(^o^)/
次の東進の目標は前回立てた通りなので、しっかりやりますね!
とりあえず、明日も7時間勉強は完全にキツいので、水曜日からは火曜日以外の7時間勉強を復活させます!
やるしかない!!!


医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です