サポート校について

サポート校の方は対応が悪過ぎるので辞退することにしました。
どれだけ需要があるかはわかりませんが、サポート校で働く人の参考にはなると思うので、そのうち記事にまとめてカテゴリに入れておきたいと思います。

(辞退するに至った経緯)
面接開始30分前に突然電話をして折り返すように留守電が入っているのにもかかわらず、「大事な会議なので後で折り返します。」→(電話が無いので面接開始時間に教室に行く)→「会議なので、外で待っていてください。」→「やっぱり中で待っていてください。」→(こんにちは。前失礼します。)=なぜか入り口で会議をしている。→「おい、ちゃんと立ち止まってあいさつしないと生徒が真似するから気を付けてくれ。」の流れから、翌日(今日だけどw)に契約書類の件電話したら留守電になっていますからね。
ちなみに、留守電にはご丁寧に営業時間まで教えてくれました。
営業時間内に電話したのに、営業時間を教えてもらっても意味がないですよね?←完全に営業時間に電話していますw

そのため、契約書類についてはメールで連絡をしたら、仕事中に電話があり出られなかったので留守電に「本日は営業時間が終了しているので、こちらの電話は通じません。明日また電話します。」とのことでした。

メールでやり取りしようよ。こっちはそっちの都合に合わせて電話に出られると思ってるの?しかも、こっちから電話しても出ないからメールしてるんだけど?
そんなわけなので、明日の電話が取れなかったらメールにて辞退のメールをしようと思います。
いやね、本当に・・・
img_2

こんな気持ちになる人が減るのを切望します。
どこのサポート校かは言いませんが、開校5年の段階で約10名しか生徒がいないような学校です。(現在、開校5年というわけではありません。)
おそらく、大手のサポート校とは全く異なるアプローチをしているので、サポート校の存在自体は「高卒資格」を取得するうえで大きなものになると思います。
この辺りのシステムは後日まとめようと思います。
とにかく、無駄な時間を費やした分、そういう人がゼロにならないまでも少なくなるような記事を残したいと思います。


医学部・医療系受験 ブログランキングへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です