こんな生徒を教えても何にもならない

家庭のしつけと学校の管理体制を疑うような学年があります。
同じ中学校の他学年はかなり意欲的に勉強をしていますし、やる気がない時でも手を動かしています。
それなのに、どういったわけかある学年だけテスト前でも集中して勉強ができないのです。
まあ、普段の学習からそうなのですが、難しい問題を理解しようとする気持ちが全くないんですよね。
これまではそれでも頑張って欲しかったので色々と対策を考えていましたが、それも今日で終わりにします。
労力の無駄ですね。そういう人種がいるのをはっきりと認識しました。

今後は教科書をメインに使って、宿題でワーク(受験にもギリギリ対応できるレベル)をやって放置プレーします。
その労力を新しい塾や前からいる塾の他学年や高校生に費やします。
あーあ、こうやって1ミリぐらい可能性が残されていたDQNのDNAが可能性のない世界に葬られていくんだね。
「ボクの人生じゃないのでどーでもいいです。」っていうぐらい今日はブチ切れています。
ただ、これがストレスかというと全然ストレスじゃありません。
どうでもいい人種が増えただけですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です