引っ越し第三弾!

【本日の勉強】

英語

時間:43分

感想:電車でやっただけ。

 

やはり、呼び水があると軽くは勉強する模様です(笑)

今日は引っ越しした後にスポーツクラブの入会手続きをしてきました。(そっちがメイン)

そして、その後は偶然教職で知り合った人と飲んできました。

 

最近は自分よりレベルの低い人と会うのは無駄が多いけど、自分も散々レベルの高い人と会ってもらっていたことを思うとなー、ということで会うようにはしています。

まあ、結果としてはいつものように全額払って、家に着くと失ったものしかないわけです(笑)

プラスにとらえることもできなくはないけど、別に明日からの活力になるとか自分の考え方が変わるということもないわけです。

まあ、普通に勉強しろって話で終わるのですが、今得たものを思い浮かびました・・・。

 

「誰かに会う時は何か与えるものを持っていく。」ということを意識しようと。

思うと、これまでもそういうことがあったからあのおっさん達と飲めたのかもしれませんね。

少なくとも、ボク自身がおっさん達の知らないことを教えてましたから(笑)

それ以上に教わってきたから何とも言えないですが\(^o^)/

今回もお金と時間は失ったかもしれないけど、得たものがあったじゃないか!!

引っ越し完了!

今回は一回で荷物が運べましたし、引っ越しが無駄に上手くなってきましたね(笑)

友達は風邪を引きながらも手伝ってくれ、年について色々話していました\(^o^)/

1万円と焼き肉で勘弁してください(笑)

 

そして、新居に来てからはひたすら荷解きをしました。

中大の科目等履修生になるべく、徒歩で中大まで行って資料をもらってきたので、明日出願します。

明日は片づけで一日つぶれる気もしますが、勉強できたらします!

家庭教師のために春期講習前退職したんだがな~

春休み中は家庭教師をやるということで、愛想が尽きてた塾は早めに辞めたんです。

それが家庭教師先の都合で春休みキャンセルになったので、その時間が暇になりました(笑)

これがプロの家庭教師とかだと機会費用の問題で金銭面で色々やり取りがあってしかるべきだと思うんですが、いかんせんボクはどうでもいいと思う派なんですよねー。

もっと言えば、そういったことを言わなくても便宜を図るような家庭じゃなかったようなことが向こうのレベルを示唆しているという悲しい現実なんですよ。

ボクが指導に使った参考書は全部借りパクされていますし(笑)

実際のところ、辞書はあげるというので問題ないんです。

文法書は高校で新しいのを買わされるから、それまで貸すと言っていたんです。

某塾専用教材に関しては覚えたら返せと言っているのにもかかわらず、たかだか500程度の単語を最後まで覚えずに借りパクされましたからねー。

3か月も毎週2回程テストして覚えられないってなかなかのものだと思いますが、民度の低い地域の公立中だとそんなものなんですかねー。

辞めるのも突然でしたし、向こうもこっちに不信感?があったのかもしれませんけどね。

とりあえず、勉強る時間はできているので、体調が回復したらバリバリ頑張りたいと思います。

他人の一年で自分の一年を考える

風邪がちょいとやばかったですが、無理して修了展に行きました。

行った感想はというと・・・どんな人の一年も、同じ一年は二度と来ない。

日本語がおかしい気がしますが、感じたままに。

残せるものがあるっていうのは素晴らしいものです。

私自身のこの一年は?と聞かれたら何も残っていないわけです。

口で説明しないとわからない。

でも、作品として残っていれば、本人の創造物を通じて、本人が語らなくても勝手に想像することが可能になるんですよね。

この一年があの作品と言われればそれは違うと思うんだけど、それでも残っているという事実は大きいと思うんです。

 

完全に風邪は悪化したので、この後は明日の朝まで寝る予定ですが、本当に行ってよかったです。

全ての作品を、作者から解説されながら見たいと思いました。

こんなに感動できたのも、昨年のクソみたいな修了展があったからです。

本当にクソ早稲女にも感謝しないといけません。

昨年は何も感じませんでしたし、もう一度行こうとは思いませんでした。

それが今年は、来年も行こうかな?という気持ちになりました。

想いあるところに人が集うのであれば、私もそういった想いを伝えられるだけの勉強をしてみようと思いました。

いやー、これはマラソンDNSにしたくなってきましたね。

というか、もう走らなくてもいいかも(笑)